ご質問等お気軽にお問い合わせください

0438-41-7878

MENU

公共用水域水質環境基準、地下水環境基準、土壌環境基準及び排水基準等に係る告示の一部改正

公共用水域水質環境基準、地下水環境基準、土壌環境基準及び排水基準等に係る告示の一部改正

2019.04.26(Fri)

公共用水域水質環境基準測定方法等に引用されている「JIS K 0102(工場排水試験方法)」及び「JIS K 0170(流れ分析法による水質試験方法)」は、2019年度に改正予定され、分析技術の向上等に対応した分析方法が検討されています。これを受けて、同規格の改正内容のうち、公定分析法への導入が適当であるものを公定分析法に適用するため、公共用水域水質環境基準、地下水環境基準、土壌環境基準及び排水基準等、下記の9 告示の一部改正が行われました。

尚、この改正は2019年3 月20 日に公布され、同日施行されました。

 

1 水質汚濁に係る環境基準についての一部を改正する件

2 環境大臣が定める排水基準に係る検定方法の一部を改正する件

3 土壌の汚染に係る環境基準についての一部を改正する件

4 地下水に含まれる試料採取等対象物質の量の測定方法を定める件の一部を改正する件

5 土壌溶出量調査に係る測定方法を定める件の一部を改正する件

6 土壌含有量調査に係る測定方法を定める件の一部を改正する件

7 水質汚濁防止法施行規則第6 条の2 の規定に基づき環境大臣が定める検定方法の一部を改正する件

8 水質汚濁防止法施行規則第9 条の4 の規定に基づき環境大臣が定める測定方法を定める件の一部を改正する件

9 地下水の水質汚濁に係る環境基準についての一部を改正する件

 

(出典:「公共用水域水質環境基準、地下水環境基準、土壌環境基準及び排水基準等に係る告示の一部を改正する告示」の公布及び意見募集(パブリックコメント)の結果について