ご質問等お気軽にお問い合わせください

0438-41-7878

MENU

水質汚濁防止法における暫定基準の見直しについて

水質汚濁防止法における暫定基準の見直しについて

2019.07.19(Fri)

水質汚濁防止法におけるほう素及びその化合物、ふっ素及びその化合物並びにアンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物に係る暫定排水基準について、現行の暫定措置が令和元年6月30日をもって適用期限を迎えることから、以降の暫定排水基準について下記のとおり定められました。この改正は令和元年6月20日に公布され、施同年7月1日に施行されました。

業種 制限等 現行(H28.7.1~R1.6.30)→見直し(R1.7.1~R4.6.30)
ほう素(㎎/L) ふっ素(㎎/L) 硝酸性窒素等(㎎/L)
一般排水基準:10
(海域は230)
一般排水基準:8
(海域は15)
一般排水基準:100
畜産 畜産農業 600 → 500
工業 うわ薬製造業 うわ薬瓦の製造の用に供するもの 140 → 一般
ほうろううわ薬製造業 40 → 一般 12 → 一般
ほうろう鉄器製造業 40 → 40 12 → 12
金属鉱業 100 → 100
電気めっき業 日排水量50m3未満 30 → 30 40 → 40
日排水量50m3以上 15 → 15
貴金属製造業・再生業 40 → 一般 2900 → 2800
酸化コバルト製造業 160 → 120
ジルコニウム化合物製造業 700 → 600
モリブデン化合物製造業 1500 → 1400
バナジウム化合物製造業 1650 → 1650
水道 下水道業 温泉排水を受け入れているもので一定のもの 50 → 50
モリブデン、ジルコニウ化合物製造業排水を受け入れているもの 130 → 130

青文字:暫定排水基準を変更せずに延長 赤文字:暫定排水基準を改定して延長 空欄は一般排水基準を適応

(出典「排水基準を定める省令の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の公布について(環境省))