ご質問等お気軽にお問い合わせください

0438-41-7878

MENU

特定悪臭物質の測定の方法の一部改正

特定悪臭物質の測定の方法の一部改正

2020.02.17(Mon)

悪臭防止法施行規則第5条の特定悪臭物質の測定方法について定めた「特定悪臭物質の測定の方法」に関し、測定が可能な分析手法を新たに追加するため、所要の改正を行われました。この改正は、令和2年1月23日に公布され、令和2年2月1日に施行されました。

(1)イソブタノール、酢酸エチル、メチルイソブチルケトン、トルエン及びキシレンの5物質について、敷地境界線における濃度の測定方法及び気体排出口における流量の測定方法として、ガスクロマトグラフ法を新たに別表9として追加する。

(2)イソブタノール、酢酸エチル、メチルイソブチルケトン、トルエン、スチレン及びキシレンの6物質について、敷地境界線における濃度の測定方法及び気体排出口における流量の測定方法として、ガスクロマトグラフ質量分析法を新たに別表10として追加する。

 

(出典:「特定悪臭物質の測定の方法」の一部を改正する案に対する意見の募集(パブリックコメント)の結果について