ご質問等お気軽にお問い合わせください

0438-41-7878

MENU

水質汚濁防止法における暫定基準の延長について(カドミウム)

水質汚濁防止法における暫定基準の延長について(カドミウム)

2019.12.17(Tue)

水質汚濁防止法に定める有害物質のうち、カドミウム及びその化合物については、平成26年12月1日に一般排水基準を0.1mg/Lから0.03mg/Lに強化し、その際にこの基準に直ちに対応することが困難な4業種について、3年又は2年の期限を設けて暫定排水基準を設定しました。その後、順次暫定排水基準の見直しを実施し、現在は1業種(金属鉱業)について暫定排水基準を設定しています。

現行の暫定排水基準が令和元年11月30日をもって適用期限を迎えることから適用期限後の措置について検討を行ったところ、現行の暫定排水基準値を維持し、令和3年11 月30 日まで暫定排水基準の適用期限を延長することとなりました。

 

金属鉱業におけるカドミウムの暫定排水基準:0.08㎎/L → 0.08㎎/L   (一般排水基準:0.03㎎/L)

 

(出典:「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令の一部を改正する省令」の公布について(環境省))